血中中性脂肪を減らす方法

MENU

コレステロールについて 

<コレステロール>という言葉は、誰もが耳にしたことのある言葉なのではにでしょうか。
「健康診断でコレステロール値が高いって言われてしまった」といった使い方ですね。
しかし、このコレステロールについて詳しい知識がある方はどれだけいるのでしょうか。

 

○コレステロールについて

 

コレステロールは、タンパク質・炭水化物と並ぶ、三大栄養素の仲間です。
なので、コレステロールそのものは悪いものではないのです。
と言うよりも元々は、人が生きていくうえで必須となるものなのです。
細胞膜の成分や、ステロイドホルモンやビタミンDなどの成分の原料としてコレステロールは大事なものなのです。

 

しかし、血液の中のコレステロールが増えすぎてしまうと、動脈硬化を招きかねません。
結果的には、生命の危機にもなりかねず、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病に繋がってしまうかもしれません。
なので、生活習慣の中での食事で、コレステロール値が上がりすぎないような、常に栄養バランスのとれた食事をするように心がけましょう。

 

ところで、コレステロールは二種類あり、”善玉”と”悪玉”が存在します。
善玉はHDLコレステロールとも言い、血液の中にある不要なコレステロールを収集し、肝臓へと運搬する働きを持ちます。
悪玉はLDLコレステロールとも言い、体の隅々までコレステロールを運搬する働きを持ちます。

 

悪玉と言われるとどうしても悪いイメージになってしまいがちですが、善玉と悪玉が共に働くことで、生命維持活動が行われるのです。

 

しかし、コレステロールが高い食事ばかりしていると、善玉コレステロールが余分な悪玉コレステロールを集める作業に間に合わず、作業が円滑に進まなくなります。
それでも悪玉はせっせと体中にコレステロールを運搬しているので、先ほど記載したような病の原因となってしまう可能性があるのです。

 

○コレステロールの基準値とは

 

検査を行うと分かりますが、コレステロールの項目は3つに分かれ、数値として表れます。
・総コレステロール
HDLとLDLコレステロールの総合の数値です。
130〜220mg/dlが基準値です。

 

・HDL(善玉)コレステロール
HDLコレステロールは、血液をサラサラにする働きを持ちます。
40mgが基準値ですが、これを下回ると、LDLコレステロールに良くないダメージを与えてしまいます。

 

・LDL(悪玉)コレステロール
LDLコレステロールは、血液で栄養を運搬する働きを持ちます。
しかしこれが必要以上に増加すると血液に留まってしまい、これによって動脈硬化を引き起こしてしまうことがあります。
60〜139mg/dlが基準値です。

 

以上のように、コレステロールは善玉と悪玉が安定していてこそ、体の中できちんと働けるのです。
なので、総コレステロール値のみを見て納得するのではなく、他の項目も注意して確認しましょう。