血中中性脂肪を減らす方法

MENU

血中中性脂肪の基準値について 

血中中性脂肪の値が高いから、健康に良くない!
生活習慣を改めることで血中中性脂肪の値は改善されるみたい・・・
そのままにしておくと生活習慣病に繋がってしまうかも!

 

などと、血中中性脂肪に関しての話は色々ありますが、本当の基準値は知っていますか?

血中中性脂肪の基準値

血中中性脂肪はどの人にも存在します。なので、一定の基準値より上回っていたり下回っている人は健康に何かしら問題がある可能性があります。血中中性脂肪の基準値は、50〜149mg/dl以内が正常の範囲内と言われています。

 

この基準値は、健康診断などで行う血液検査によって計った時の判断基準で、健康診断の表では「血中中性脂肪」か「トリグラセライド」「TG」などといった表記で血中中性脂肪の値が記載されています。基準値の範囲内でも、範囲内のぎりぎりであれば、生活習慣を改めた方がいいかもしれません。

 

血中中性脂肪値が基準値を上回っていたら(150mg/dl以上)、脂質異常症と診断され、高脂血症といわれます。脂質異常症になると、医師の助言を守りながら、生活習慣を改める必要があります。また、状況次第では、薬物によって治療をすることも。

 

ただ、血中中性脂肪の値は低いほど良いというわけではないのです。基準値より下回ってしまっていたら、体の中のエネルギーが足りていない証拠なので、抵抗力が低下しやすくなり、病になりやすくなるなど、健康に被害が出てきますので、正常簿範囲内にある必要があります。

 

なぜ血中中性脂肪が高くなる?

血中中性脂肪が高くなるのは遺伝の場合もありますが、ほとんどの場合、は生活習慣の中に理由があります。主な3つの原因をご紹介いたします。

 

栄養バランスの乱れ

日本食は、和食がほとんどだったものが、今では洋風が多くなってきました。そうすると、脂肪分がたくさん含まれている食事を多く摂るようになってきました。血中中性脂肪はその名の通り、脂肪の仲間なので、肉類や油分の多い食べ物を摂ることで、血中中性脂肪の値がどんどん高くなります。

運動不足

血中中性脂肪の値が高くなるのは、単に摂ったエネルギーを普段の生活の中で消費しきれていないからで、運動が足りない生活を継続していると、摂ったカロリーが消費カロリーを上回ってしまうことが増えてしまいます。なので、一駅分を歩いてみたり、エスカレーターではなく階段を利用するなど、日常生活の中で適度な運動を行いましょう。

過剰なアルコール摂取

血中中性脂肪はアルコールと関係がなさそうに見えて、実は関係しています。アルコールそのものは体の中で分解し、代謝となるので、肥満には直には関係しません。ですが、アルコールは分解している最中に、血中中性脂肪の合成が活動的になるので、アルコールの過剰摂取は、血中中性脂肪が高くなる原因になるので、日常的に多く飲んでいる人は控えるようにしましょう。

血中中性脂肪が低くなる原因

血中中性脂肪が高い人には対策を勧める声が多いですが、低い人への対策を進める声はあまり聞きません。その理由は、今日の日本は食事に困らないので、血中中性脂肪が基準値を下回ることがほとんど皆無だからなのです。
では、血中中性脂肪はなぜ低くなるのでしょうか。その原因をご紹介したいと思います。

遺伝や体質

遺伝や体質などで血中中性脂肪の値が基準値を下回る際は、健康にはさほどダメージを受けていないでしょう。例えば体調があまり良くない時が続くなどありましたら、医師にその旨伝えアドバイスをもらいましょう。

無理なダイエット

中でも女性に多くあるケースですが、無理なダイエットを行っていると、体に大きな負担がかかります。食事をほとんど摂らなかったり、食生活が乱れていると、体の中のエネルギーが足りなくなってしまい、血中中性脂肪の値が低くなってしまいます。

病気

病が原因で血中中性脂肪が下回るのは、一番気をつけなければいけないことです。中でも、甲状腺機能亢進症と肝臓病が血中中性脂肪が差が得る原因になるので、きちんと健康診断を受けることは大事なのです。

 

血中中性脂肪の基準値まとめ

血中中性脂肪は、高くても低くても健康に悪影響を及ぼします。食生活の乱れや運動不足からくる血中中性脂肪の上昇は、あとあと重大な病気につながるおそれがありますので早いうちに対策をする必要があります。一番のおすすめは、運動をすることと、青魚を食べることです。青魚には、血中中性脂肪を下げる効果のあるDHA・EPAが多く含まれますので積極的に摂取するのがおすすめです。
DHA・EPAは、サプリメントでも摂取できます。 ⇒ 血中中性脂肪を減らすサプリメントTOPへ