血中中性脂肪を減らす方法

MENU

血中中性脂肪とコレステロールの違いについて 

血中中性脂肪とコレステロールは、種類は同じに思えてしまいますが、そ全く一緒のものではありません。

 

○血中中性脂肪とコレステロールの違うところ

 

血中中性脂肪もコレステロールも、いずれも「脂肪」です。
しかし、働きが違います。

 

血中中性脂肪の働きは、体の中のエネルギーを溜めることで、ブドウ糖が減少した際や運動中に使用される脂肪です。

 

そしてコレステロールは、体の中の細胞膜やホルモンなどの原料となるエネルギーの事を言います。

 

即ち、血中中性脂肪は運動で燃やせますが、コレステロールは運動しても燃やせません。
ですから、血中中性脂肪を減少させるよりもコレステロールを減少させるほうが困難なのです。

 

コレステロールは、善玉と悪玉の二種類ありますが、これぞれが体の中で働くことによってバランスを保ちます。
しかし、悪玉が増えてしまうと、コレステロールがどんどん溜まっていってしまうのです。

 

悪玉コレステロールは、血中中性脂肪とも繋がりがあります。
それは、血中中性脂肪が増加すると、コレステロールが溜まりやすくなるからです。

 

栄養をきちんと摂り、バランスのとれた食事をし、適度に運動し、飲酒を適度に控えることによって、血中中性脂肪の値は低下出来ます。

 

悪玉コレステロールを必要以上に増やさないよう、日常的に意識して生活することが理想です。

 

生活習慣から改善することが困難な方は、サプリメントなどを用いて行う事も出来ます。
放置せず、何かしら対策する事が望ましいです。

 

○善玉コレステロール

 

善玉コレステロールは、HDLと言います。
このHDLは、体内に存在する不要なコレステロールを収集し、肝臓に運搬します。
また、血管の内壁にあるコレステロールを回収する働きももっているので、動脈硬化を防ぐことにも繋がります。

 

悪玉コレステロールと善玉コレステロールは、全く反対の働きをしているので、単純に悪玉コレステロールのみをコントロールするのではなく、善玉コレステロールをバランス良く摂ることが大事です。
即ち、悪玉コレステロールを過剰に摂ってしまっても、善玉コレステロールが血管に付着したものをきちんと回収してくれれば心配はいらないのです。
そうすれば、健康維持に繋がります。

 

しかし、単に悪玉コレステロールを摂らなければいいというのではなく、悪玉コレステロールは生命維持活動に必須となるものなのです。
なので、どの程度摂ればコレステロールの値が上がるのか、どの程度善玉コレステロールが必要になるのかを意識することが大切です。

 

○悪玉コレステロール

 

悪玉コレステロールは、LDLと言います。
LDLは、リポタンパクにより血液に溶け込むのですが、LDLは過剰に摂ると、血中に蓄積してしまいます。
そして、血管の内壁に付着し、動脈硬化や血管を細くしてしまうなど、体にとってデメリットとなる事態に繋がります。
ですから、「悪玉」と言うマイナスイメージな名前になっているのです。

 

悪玉コレステロールが増加してしまわないようにするには、食べすぎをしないことです。
食べ物をたくさん摂ると、コレステロールの値が上昇してしまい、体がなかなか吸収できなくなります。
即ち、食べる量を減らしてみたり、食事のバランスを整えることで、コレステロールの値を正常にすることが出来ます。
「腹八分」という言葉があるように、食べる量を八分目までにすると体に大きなダメージがかからず、コレステロールが上がりにくくなります。
コレステロールをたくさん含んでいる食べ物を食べないことも結構ですが、食事の食べ方や栄養バランスを改善するだけでも、コレステロールの値が上がりすぎることをセーブできます。
コレステロールがたくさん含まれている食品は、卵黄、ししゃも、イカなどです。